家で焼き芋を作るならレンジオーブン調理が簡単で絶品!

焼き芋 フード

レンジオーブンで簡単に焼き芋が作れる!

冬の寒い時期になるとスーパーなどでも焼き芋が販売されていますよね。

おいしそうな匂いにつられてついつい買いたくなってしまうものですが、

焼き芋って家でも作れないものなのかなーと思い色々と試してみました。

いくつか試してみた結果レンジオーブンで調理するのが一番簡単で一番おいしかったんです!

ということで今回はレンジオーブンで焼き芋の作り方をご紹介します!

ヘルシオの焼き芋コースで簡単調理

家で焼き芋を作るにあたって魚焼きグリルやトースターなどいくつか試したのですが、

アルミで巻く必要があったり焼き上がりもホクホクではあるけど若干ムラがあったりなど…。

これ!っていうものが無かったんです。

焼き芋専用のグリルなども販売されていますが、頻繁に食べるわけでもないし

自分の性格的に何回か試して絶対やらなくなるだろうなと分かっているので買うのももったいない…。

そんなときそういえば家のオーブンレンジでできないものかと思い調べてみたら

なんと焼き芋コースがあるじゃないですか!

ということで試してみたらとっても簡単だったのに、めちゃめちゃおいしかったんです!

今回使用したオーブンレンジがシャープが販売しているヘルシオ。

家にあるものはもう何年も前に発売されたものなのですが、

ヘルシオには焼き芋コースが用意されています。

作り方は?

まずさつまいもをよく洗っておきます。

さつまいも

皮もおいしく食べられるのできれいに洗っておきましょう。

洗い終わったらキッチンペーパーなどで水気をよく拭き取ります。

そのあとフォークで刺して皮に穴を開けておきます。

トレイ

付属のトレイにアルミホイルを敷いておきます。

さつまいもを焼くとアクがでてきてこびりついてしまうので、忘れずに敷いておきましょう。

トレイにさつまいも

さつまいもをのせます。4本まで自動コースで調理可能とのこと。

調理前

オーブンレンジに投入。トレイを入れる部分が2段あるのですが下段に入れます。

水タンク

ヘルシオには水を入れる部分があるのですが、こちらのタンクに水を入れておきます。

水が少ないと水を入れるように表示され調理がストップしてしまいます。

モニタ

家にあるヘルシオでは12番が焼き芋コースです。12に合わせてスタートするだけ。

このコースが分からない場合には手動で調理時間などをセットしてもOK。

など調理時間は40分です。けっこう長いのですが焼きあがったらすぐに食べることができます。

調理後

焼きあがりましたー!

焼き上がり

こんな感じで焼いた部分に糖分なのか?けっこうベタベタしたものがこびりつきます。

アルミを敷いておけば捨てるだけでいいので便利。

焼き芋

仕上がりはというと、皮はカリッとしていてそのまま食べることができます。

中はホクホクというよりはトロトロになっています。

焼きムラもなく完全にトロトロです。そしてめっちゃめちゃ甘くなります!

スイートポテトより甘いんじゃないかというくらい。

今回購入したさつまいもは1本100円しないくらいの普通のものなのですが、

ビックリするくらい甘いんです。

スーパーなどで販売されている焼き芋よりも個人的にはおいしいと思いました。

セットするだけで簡単に調理でき、焦げたりもせず絶品焼き芋ができちゃいます。

まとめ

今回使用したのは何年も前に発売されたヘルシオですが、

ヘルシオであれば焼き芋コースが用意されています。

ポイントはさつまいもをよく洗って水気を拭き取り、フォークで穴を開ける。

そのあとトレイにアルミホイルを敷いておく、これだけ!

ヘルシオで調理できることを知ってから頻繁に焼き芋を作るようになりました。

市販のお菓子を食べるよりヘルシーで小腹も満たされるのでおススメです!

タイトルとURLをコピーしました